企業課題

LINE株式会社

#人にやさしいAIを目指して、
どのようにすれば人に寄り添えるかを考える

AIテクノロジーブランド「LINE CLOVA」

人にやさしいAIを生み出すための、最新テクノロジーと現実課題を踏まえた大胆な発想。

Image
POINT 1:LINEプラットフォームとの連携
LINEメッセンジャーやLINE公式アカウントなどとのシームレスな連携が可能です。各AI技術と組み合わせることで、ユーザーに使いやすい、受け入れられやすいUX(ユーザー体験)を提供します。
POINT 2:世界最高水準の要素技術
LINEが保有する公開データや、独自に研究開発したモデルの採用により、世界最高水準の要素技術を提供します。例えば、OCR技術はICDARという国際会議にて4分野で世界No.1の評価を獲得しました。
※2019/3/29時点
POINT 3:幅広い領域での研究開発
優れたUX(ユーザー体験)を実現するため、幅広い技術領域で研究開発を進めています。たとえば「HyperCLOVA」これは、2021年7月に発表した日本語に特化した大規模汎用言語モデルです。音声認識、画像認識など複数の要素技術を組み合わせることで、これまで実現できなかった体験の提供や、課題解決をサポートします。

(寄稿・LINE株式会社

IDEACTIVE JAPAN PROJECTにログインする 企業課題一覧に戻る