企業課題

株式会社船井総研デジタル

#デジタルバリアフリーの実現

デジタルバリアフリーで誰もが取り残されないデジタル社会の実現を

Image

この社会には様々なデジタルデバイド(情報格差)が存在しています

あらゆる領域が急速にデジタル化し便利になっていく一方で、地域や世代、障害、貧困など、様々な形でデジタルデバイド(情報格差)が生まれていっています。持続可能な社会を実現するためにも、誰もが等しく、そして楽しくデジタルの恩恵を受けることができる。そんな社会であって欲しいと、わたしたち船井総研デジタルは考えています。そしてデジタルデバイド解消のための方策をわたしたちは「デジタルバリアフリー」と呼ぶことにしました。デジタルデバイドを生みだす障壁(バリア)を除去していく(フリー)。そんな社会を実現するための、あなたのアイディアをお待ちしています。

(寄稿・株式会社船井総研デジタル

IDEACTIVE JAPAN PROJECTにログインする 企業課題一覧に戻る